感電自殺で死ぬ方法 感電死 感電自殺の死に方 感電自殺のやり方

 感電自殺で死にたい人に向けた、感電自殺関連の知識集です。これらの情報をよく読んで、絶対に感電自殺などしないでくださいね☆

 死にたい人は霊的知識を読め☆

 


 ☆感電死自殺に頻繁に使用される鉄塔の送電線を流れる電力
街中にある高圧電流が流れている鉄塔



感電自殺の方法について


感電自殺を遂げるのに要する時間はどの位か?

 感電自殺は、正しい死に方さえ実行すれば、確実に短時間で死ねるらしい。

 
最も人気のない自殺方法である感電自殺方法

 感電自殺で死ぬ人は、毎年、ほんの少数でしかない。年間の感電自殺者は、一桁であろう。
 
 
一瞬の苦痛で死ねる感電自殺方法

 高圧送電線に触れれば、一瞬で黒焦げとなり、瞬時に死ねるであろう。
 
 
一瞬の苦痛で逝ける感電自殺

 街中の電線に触れれば、一瞬で死ねるかもしれない。
 
 
感電自殺は手間があまりかからない?

 意外と手間はかかる。なぜなら、電気コードのカバーを剥いで、金属の電線を剥き出しにしないと駄目だからだ。
 
 
剥き出しの導線を用意して感電自殺する方法

 これは、剥き出しの電線の片方をコンセントに差し込み、もう片方を自分の身体、特に心臓付近にテープで貼る。すると、家庭用の低電圧でも、多少時間はかかるが、心室細動が起こり、死んでしまうらしい。
 
導線の一方を肌に張り付けて、他方をコンセントに突っ込み感電死する方法

 体に貼り付ける位置としては、手足の末端よりも、より心臓に近い位置に貼り付ける必要がある。なぜなら、感電死するということは、心臓の鼓動を止めることだから。一瞬で黒焦げになれる感電自殺の死に方というのは、それなりの高電圧に触れなければ無理だから。家庭用の電源で、瞬時に黒焦げになることは不可能だ。

 
肌に貼り付けた導線を水で濡らして感電自殺する方法

 電気は水を伝う性質があることから、肌に貼り付けた電線全体を水で濡らせば、かなりの確率で電気が伝わるらしい。それで、死ねるらしい。

 
発電所の高圧電流部に触れて感電自殺して死ぬ方法

 発電所に侵入するのは容易ではない。関係者以外が通常、発電所に侵入することは無理だ。なので、発電所の警備員に応募して採用されるとか、そのような努力が必要なのかもしれない。

 
一番手っ取り早い自殺方法である感電自殺方法

 通常、首吊り自殺が最も多数派の自殺方法ではある。しかし、マイナーとはいえ、感電自殺の方法も、割と手っ取り早く死ねる可能性のある自殺方法なのである。なぜなら、どこかに出かけずとも、家庭内のコンセントで死ぬことが可能だからだ。

 
仰け反るような痛みが身体中を走る感電自殺方法

 感電自殺というのは、まあ、何かの拍子に感電した経験がある人ならば分かるであろうが、感電すれば仰け反るような痛みが発生する。これは、打撃を受けた時の痛みとは異なる。そのビリリっとした痛みが、感電死する程だとすると、物凄いパワーで全身を駆け巡るということだ。

 あなたに、その覚悟があるのだろうか?
 
 
感電した数秒後に意識喪失する感電自殺方法

 感電した数秒後に意識を失うには、やはりそれなりの大電流を一気に体に流す必要がある。その為には、やはり発電機くらいの大きな電力を発生させる機械が必要なのかもしれない。
 
 
タイマーをセットして感電自殺して死ぬ方法

 寝ている間、事前にセットしたタイマーにて、感電自殺装置が勝手に作動し、眠りながら死ねるという感電自殺方法があるらしい。しかし、詳細は不明。機械の仕組みが分からないからだ。
 
 
アルコールを飲んで感電自殺して死ぬ方法

 アルコール、つまり酒類を飲んでから、眠り込み、その間に感電自殺するという方法もある。通常、やはりビリビリと感電死する程の電力を一気に浴びるのは、それなりの勇気が必要だ。つまり、生きるのにも、死ぬのにも勇気が必要なのだ。その点、酒の力を借りれば、感電死する決断が出来るかもしれない。

 
意識を喪失して感電自殺で死ぬ方法

 意識喪失下で感電して死ぬ方法もあるらしい。しかし、やはり自分の死の瞬間に有意識でありたい、という自殺志願者も多く、無意識の内に勝手に感電自殺するということには、幾分か心理的な抵抗があるようだ。

 
苦痛をあまり感じずに死ねる感電自殺方法

 苦痛を感じずに死ぬ為には、それなりの強い電力を一気に体内へ流す必要がある。つまり、家庭用電気では力不足なので、やはり電柱によじ登って感電死するしかないと思われる。それか、電力送電線の鉄塔によじ登るとか。

 
感電自殺の致死度は低い

 感電自殺の致死度は、高圧発電所の立ち入り禁止区域に無断で侵入して高圧電流に触れられれば、一瞬で死ねるかもしれない。しかし、そんなことは無理だろう。なので、自ずと家庭用電圧に頼らざるを得なくなるのだが、勿論、家庭用だと、力不足なので、致死度という観点からすれば、首吊り自殺等と比べれば、若干見劣りすると思われる。


心臓を確実に狙って感電死する方法

 心臓は、感電死する為には絶対に狙わねばならない必須の場所だ。故に、電極を身体に引っ付ける場所は、心臓の真上である胸の部分にくっ付けるのが良いとされている。つまり、心臓の鼓動を停止させることにより、感電死というのは完成されるからだ。


変圧器を用いて電圧を変えて感電自殺する方法

 家庭用の電圧というのは、どうしても使う人々の安全性を考慮されて、低く設定されている。しかし、電圧というのは、勿論、高ければ高い程、致死率は高くなる。故に、わざと変圧器を設置して、家庭用の電圧装置を変更するという強者の感電自殺希望者もいるのだという。


家庭用コンセントは普通100Vだが、致死度は低い

 家庭用のコンセントから供給される電圧は100Vしかない。故に、失敗に終わることも多い。


家庭用の電圧より、もっと高い電圧で感電自殺する方法

 これは、変電所の高圧電流に触れるしかないであろう。軍人とかなら軍施設内に高圧電力発生施設でもあるかもしれないから、別かもしれぬが。


感電自殺の致死度は低い

 その通り。高い致死率を誇る自殺方法がいいのならば、飛び降り自殺とか首吊り自殺にすべし。


感電自殺方法は、もしも生き残ってしまった場合、後遺症が殆ど残らない死に方なのか?

 これは、無理であろう。首吊り自殺のように、脳を破壊する行為ではないとはいえ、全身に高い電気を流し続けるのだから、身体に障害が残らない訳がない。手足の痺れも残るであろう。


感電自殺未遂に終わる感電自殺方法

 これは、中途半端な感電自殺方法であれば、やはり感電自殺未遂で終わる。失敗者の多くは、中途半端な知識で感電自殺行為を行ったからだ。首吊り自殺のように、自然の重力に頼る死に方ではなく、あくまで電気という、人工的に発生させるエネルギーに頼る自殺方法故、ある程度の高度な知識がなければ、死に切ることは不可能なのだ。
 
 
感電自殺の死後の見た目とは?

 ☆電柱に上って感電死した感電自殺者の死体を下ろそうとしている場面
感電死した人を下ろそうと努力する他人

 ☆地面に降ろされた感電自殺者の黒焦げ死体
黒焦げになった感電死死体グロテスク画像

 ☆地面に降ろしている途中の感電自殺者の死体
電柱から降ろされる感電死した人の死体画像

 ☆電柱に引っ掛かっている黒焦げになった感電自殺死体
電柱に上って感電自殺したと思われる男の感電死死体画像

 ☆アップで撮影した黒焦げの感電自殺死体
電柱に上って黒焦げになり感電死した感電自殺画像

 
死後の見た目が非常に綺麗な感電自殺方法

 死体の綺麗さで言えば、感電自殺者の死体というのは、けっこう綺麗な状態で死ねるのだ。それは、感電自殺というのは、超高圧電流で死なない限りは、身体の内部に電流を流して心室細動を起こして死に至らしめる方法なのであり、飛び降り自殺や飛び込み自殺のように、身体に大きな外傷を負わせて死なせる自殺方法ではないからだ。

 故に、感電自殺者の葬式に関しては、けっこう綺麗な状態の死体で臨めるであろう。
 
 つまり、感電自殺は生きている状態とほぼ同じ状態や見た目で死ぬことが出来る自殺手段なのだ。
 
 但し、感電させる為に貼り付けた導線の箇所には、若干の火傷跡が残る可能性がある。
 
 外傷はほぼない感電自殺方法
 
 結論として、生きている時の外見とほぼ同じ状態で死ぬことが可能なのが、感電自殺方法なのである。


感電自殺に関する知識集

 ☆感電自殺者の、部分的に火傷をした脚の様子
感電して大怪我した脚の様子


電気ショックと電気コードを剥いて感電自殺する方法

 電気ショックを受ける為には、それ相応の覚悟が必要だ。しかし、事前の感電自殺の準備も大変だ。とにかく、感電死する為の知識も必要だし、電気コードを剝かないといけない。なので、とても大変なのだ。
 
 
男性が感電自殺者で圧倒的に多い理由

 やはり女性の場合には、服薬自殺の方法みたいな、自分の身体をなるべく傷つけないで済む、つまり美しさを出来るだけ保てる方法で死にたいという願望が強いのであろう。故に、感電自殺というのは、女性には不人気なのだ。感電した箇所というのは、赤く腫れ上がって、見た目が酷く醜くなるからだ。

 それに、かなり痛むのは確実だ。女性は、それらの恐怖心を克服することは出来ないのだ。故に、男の方に、感電自殺の死に方は人気なのだ。とはいえ、男であっても、年間10人程度しか、感電死の自殺はしないのだが。
 
 女性は電気に対する恐怖心が強いので、女性の感電自殺者は少ない


感電自殺未遂に終わってしまう感電自殺方法とは?

 感電自殺未遂で終わってしまう感電自殺のやり方の特徴としては、やはり知識不足ということが最大の要因である。首吊り自殺の場合だと、なんとなく、首を絞めれば死ねるという考えが頭にあり、事実、大半の首吊り自殺者が、事前の首吊り自殺関連の知識の収集もせずに、いきなり首を吊っている。しかし、それでも、大半が死ねているのだ。

 しかし、こと感電自殺となれば、事前の下準備とか、知識の収集なしに、いきなり当てずっぽうでチャレンジしたとしても、死ねる確率は低いのだ。感電自殺とは、数式のようなものだ。正しい導き方をせねば、絶対に死という答えには到達不可能なのだ。それは、新幹線のパンタグラフに上って感電死する、ということでも同様であろう。


特に後遺症が残らない感電自殺方法

  感電自殺者の真の目的とは、勿論、感電死を遂げることだ。故に、後遺症が残るかどうかまでは考えていないであろう。元々、生き残ろうという魂胆の者は、感電自殺方法などしないだろうから。

 しかし、あえて言えば、後遺症の残らない感電自殺方法というのは、やはり危険性の低い感電自殺のやり方でしかない。そして、それは、 やはり家庭用の低電圧を短時間のみ体内に流すという方法であろう。
 
 
感電自殺の準備方法

 感電自殺の準備とは、やはり電気コードをナイフで被膜を剥ぐことから始めねばならない。あとは、変圧器の購入とか。意外と金がかかるぞ。あと時間もかかる。だから、直ぐに死ねるとは考えてはならない。とにかく、感電自殺で死を遂げるのは、面倒なのだ。
 
 
心臓に電気を通して感電自殺して死ぬ方法

 心臓に直接、針のような電極を刺して感電死する方法もあることにはあるが、まず大前提として、胸にブスリと金属の針を刺さねばならない。果たして、そのような勇気があるのかな?それをするくらいならば、とっとと刃物で胸なり喉なり刺して死んだ方が良いのではないか?
 
 
自室のコンセントから電流を引いて、体に二つの端子を張り付けて感電自殺する方法

 これは、必ず二か所、身体に貼り付けねば意味がないらしい。一方は左側、もう片方は右側だ。なぜなら、電流とは、左から右へ、又は右から左へと流れるようにすれば、より致死率が高まるからだ。とにかく、高圧電流が心臓を斜めに横切るような形で流されれば、死ぬ確率はより高まるらしい。 
 
 
タイマーをセットして眠りについている間に感電自殺して死ぬ方法

 これは、キッチンタイマーとか、デジタルのチープカシオの腕時計とかでもOKらしい。丁度、アルカイダが安物のデジタル腕時計を用いて時限爆弾を制作した要領で、感電自殺自動装置を制作可能らしい。しかし、私は理科とか物理とか工作とかは、てんで無知なので、制作の仕方は知りません。各個人で教科書を買って勉強すべし。しかし、元々電気に詳しい人でない限り、もう、今にも死にそうな精神力の自殺志願者が、そこまで努力する気力など、もう残っていないであろう。


感電自殺マニュアルに書いてある感電自殺方法

 一昔前に100万部以上の大ヒットをした[完全自殺マニュアル]という自殺指南書があった。今でもコンスタントに売れ続けているのだが、その書籍の中に、感電自殺方法の項目があるらしい。しかし、私は読んだことが無いので、内容は不明だ。
 
100Vの電流は、普通の状態だと流れないので注意が必要です

 100Vの電流では、身体に上手く流れないらしい。なので、感電死する為には、やはり事前の勉強が必要である。


 電極の一方を口に咥えて、もう一方を心臓に刺すというのもあり→この方法ならば、100Vでも死ねる可能性が出て来る。


タイマーをセットして感電自殺して死ぬ方法

 タイマーをセットして就寝中に感電死する自殺方法もあるが、やはり人気が無い。感電自殺方法自体の人気が全然ないのだが、タイマーセットによる感電自殺方法というのは、もっと不人気だ。

 要するに、感電自殺希望者に限らず、自殺したい人にとっては、もう何もする気力がないのだ。故に、複雑な感電自殺タイマー装置の製作など、する気力はもう残されていないのだ。金もかかるだろうし・・・。

 
感電自殺の最大の問題は、電気が通る瞬間に意識はどうなるのか?ということ

 感電死する瞬間というのは、超高圧電流で一瞬で死ぬのか、或いは、低電圧による感電死方法で、死ぬまでに何時間もかかるのか、という違いがある。故に、首吊り自殺のように、定型縊死とか非定型縊死といっても、どちらも割かし短時間で死ねる自殺方法とは違い、感電自殺の場合、体内を流れる電流の強さにより、死ぬ時間に大差が出て来る。

 
心臓の収縮が始まり、数秒で意識を失って心臓が止まる感電自殺方法

 これはやはり、それなりの高電圧を瞬間的に流すしかない。そうすれば、一瞬で心停止に至り、死に繋がるであろう。とはいえ、それなりの高電圧の発生場所といえば、街中では、電線程度しかないであろうが。つまり、電柱によじ登る必要があるので、高所恐怖症の人とか、身体障碍者の人は無理であろう。
 
 
血液循環が停止して死に至る感電自殺方法

 体内の血液循環が停止して死ぬという感電死の方法というのは、全身にまんべんなく電流を流す必要がある、ということだ。それをするには、つまり、体中に8か所位、低電圧にしろ、高電圧にしろ、電流を流すパッチを貼る必要がある、ということだ。

 
普通の状態なら瞬間的にのけぞるような痛みが走る感電自殺方法

 どうしても、電気を体内に死ぬまで流すというので、ビリビリするのは致し方が無い。故に、仰け反るような痛みに耐える気力がない人にとっては、感電自殺方法は絶対にお勧めできない死に方なのだ。
 
 
筋弛緩剤などを使用して意識朦朧として自覚症状なしの内に感電自殺する方法

 感電自殺するにあたり、体内に何も注入せずに死ぬのは、相当な気力と勇気が必要なのだ。なので、筋弛緩剤を注射器で注射して身体の融通が利かないようにしてから、感電の為のスイッチを入れるという自殺方法がある。

 但し、筋弛緩剤の入手経路としては、医療関係者だけしか無理であろう。

 
酒や睡眠薬を大量に飲んで意識朦朧とした状態で感電自殺する方法

 筋弛緩剤の力を借りるのと同様、酒や睡眠薬の力を借りて感電死を遂げるという感電自殺方法もある。やはり、感電死する程の高圧電流を浴びるというのは、とても怖いことだ。いくら死にたい自殺志願者とはいえ、平気で行える行為ではない。故に、酒を大量に飲んで、酩酊状態となり、それにプラスして睡眠薬も飲みつつ、タイマーで感電死するように仕向ければ、安らかに死ねるであろう、という魂胆から、このような手法で死のうとする輩もおるのだ。
 
 
身体が痙攣しながら瞬時に死ねる感電自殺方法

 これは、身体が痙攣しつつ、瞬間的に死ぬこと、というのは、言葉自体が矛盾の塊だ。瞬間的に死ぬと言いつつも、痙攣しているということは、瞬間的に死んではいない、ということだから。故に、そんな感電自殺方法はない。高圧電流でショック死するか、或いは、低電圧で長時間震えながら徐々に死んでいくかの二択だ。
 
 
心臓が止まるまでには三分程かかる感電自殺方法

 やはり、家庭用の低電圧の電流を流した場合には、瞬間的には死ねない。けっこうな時間がかかるのだ。心室細動を起こして死ぬとしても、一気に死ねる訳ではない。あくまで、徐々に心臓の鼓動のリズムが狂って、死んでいく、というのが真相だ。なので、家庭用の低電圧の電流で感電自殺を行っても、最短で三分は死ぬまでにかかるであろう。


電気がショートしてブレイカーが落ちる感電自殺方法

 電気がショートしたなら、勿論、ブレイカーが落ちる。その瞬間に電流の流れが停止するのだから、感電死はあり得ない。その時点で既に心臓の鼓動のリズムが狂っていたのならば、そのまま死んでしまうが。電柱に上っての感電死の場合には、ブレイカーは無関係だ。


電気椅子に座って2000Vの電圧をかけられても即死しない死刑囚がいる

 これは、まるで漫画の中のような話なのだが、実際にいたらしい。つまり、こいつは電気に強いゴム人間だったのだ。ゴムゴムの実を食べた悪魔の実の能力者らしい。

 
家庭用電圧の100Vでも十分に死ねる感電自殺方法

 家庭用の電力で死ぬには、瞬間的に死ねることは無理だと考えてもらいたい。心臓の鼓動のリズムを一度狂わせば、外部からの圧力をかけない限りは、その狂ったリズムはずっと続く。そのままであれば、多少の時間はかかるが、いずれ死んでしまうのだ。なので、家庭用の電圧でも死ねることは死ねるが、即死は不可能だと考えてもらいたい。

 
風呂の中で感電自殺して心臓停止してショック死する方法

 これは、ロシアで、アップル社のipadを風呂場で使用していたところ、水面に電流が流れて、感電死してしまった、という事例があるらしい。故に、風呂場でも感電自殺は可能だ。電気は水の中を通り易いという性質がある。なので、全身を肩までお湯に浸かりつつ、電気を流せば、一瞬にして死ねるかもしれない。水と電気は相性が抜群に良いからだ。

 
心室細動を起こして死ねる感電自殺方法

 心室細動とは、心臓の鼓動のリズムが極端に狂うことだ。それをワザと引き起こすのが、低電圧の感電死なのだ。故に、変電所のような高圧電流の場所で死ぬ以外の感電死の死に方としては、つまり心室細動を起こして死ぬということだ。
 
 
感電自殺の死体状況について

 ☆高圧電力注意の広告
高電圧の危険性をアピールしている表示

 
電極が付いていた部分に火傷跡が残る感電自殺方法

 これは、完全に、火傷痕は残ることとなる。しかし、そのまま感電死するつもりならば、気にならないであろう。それに、飛び降り自殺とか飛び込み自殺に比べれば、遥かに死体の損壊は少なくて済むのだから、気にするレベルではない。それに、そもそも、死のうとしているのだから、死後の死体の状況など、眼中にないであろう。


心臓を貫いて感電自殺して死ぬ方法

 心臓というのは、全ての臓器の中で、唯一、一生の間、ずっと休むことなく、就寝中も動いている臓器だ。腸や胃ならば、その中に食物がない状態ならば、休むことも可能であるが、心臓の場合は、いかに空腹の状態であれ、ずっと死ぬまで鼓動し続けることになる。

 故に、感電死の目標は、この心臓を停止させることにある。刃物自殺や飛び降り自殺や飛び込み自殺の場合、心臓を狙い撃ちするというよりも、出血多量やショック死を狙うのだが、感電自殺の場合には、心停止を狙うのみなのだ。心臓停止が肝なのである。

 
変圧器を使用して感電自殺する方法

 家庭で使える変圧器というのは、アマゾンとかのネット通販で購入可能であろう。ホームセンターにも、もしかしたら売っているかもしれない。秋葉原にも売っているかもしれないが、私は電気関係の商売には詳しくないので、知らない。

 
銅線と体の接触部分に食塩水を沁み込ませたガーゼを当てて感電自殺する方法

 食塩水というのも、電通性を高める上で必須の道具なのだ。そもそも、塩分の含まれた水というのは、通常の水よりも遥かに電通性が高い。故に、身体の接触部分に貼る導線に、食塩水を沁み込ませたガーゼを当てると、あら不思議、感電死する確率が飛躍的に上がるという訳だ。

 
変圧器を使って電圧を高くして感電自殺して死ぬ方法

 変圧器というのは、なにも専門家でなくても、容易に入手可能なのだ。しかし、扱い方が分からない。その辺の知識が必要だという面倒臭さが、感電自殺という死に方が、全自殺方法の中で、とてつもない不人気の要因なのだ。

 とにかく、健常な状態の私でも、変圧器について調べるのが面倒なのに、今すぐにでも死にたい自殺志願者が、一々ネットや図書館の本で電圧とかに関して調べたがる訳がないのだ。

 
変電所に忍び込んで高圧電流部に触るという手段もある

 変電所に侵入するには、ネイビーシールズとかグリーンベレーとかでないと無理っぽいが、もしも簡単に侵入できた場合には、高圧電流部に触れば、一瞬であの世に行けるらしい。しかし、死後の感電死した死体の見た目は、黒焦げの肉とか魚みたいになっているであろう。当然、葬式は悲惨なものとなるであろう。


感電死の特徴について

 ☆高圧送電線の修理点検をしている人
高圧電流が流れる高圧電線を修理する修理業者


 銅線を当てた場所に火傷跡が残る程度で損傷はほぼ無し。
 
 皮膚の電気抵抗が小さい時は火傷跡すら残っていない場合もあるかな。

 非常に綺麗な死体になるのが、感電自殺の方法の特徴なのだ。
 
 瞬間的な呼吸停止、心停止、ショック死で死ぬのが感電自殺の特徴である。
 
 普通の感電自殺は全身がのけ反るような痛みを感じて死ぬらしい。
 
 睡眠薬やアルコールなどで意識が朦朧としている間に死ぬ感電自殺の方法も存在する。
 
 電気コードでタイマーを使うことも可能な感電自殺の死に方がある。
 
 第一発見者に感電させない感電自殺方法は、自分のみに電極を通電させておくことだ。
 
 忠告の張り紙を貼っておく感電自殺方法→万が一、第一発見者にも感電してしまえば大変なので、それを避ける為に必要であろう。

 感電自殺の結果、感電自殺未遂で終わって身体障碍者になる可能性は、大いにある。身体の中に大量の電流が流れるということは、つまり、雷に打たれた時のような状態になるということ。それで、無事で済む筈がない。臓器や脳の障害が残ることは必須であろう。神経も電気で断絶してしまうので、手足にも痺れが残るか、全く動かなくなるかもしれない。


風呂にパソコンを持ち込んで感電自殺する方法

 やはり水の中に電気が通電してしまう可能性があるので、パソコン等の電気関連の器具は、風呂場には相性が悪い。それに、防水じゃないしね。いかに感電自殺で死にたいとしても、パソコンのような少ない電圧のもので感電死しようと思っても、中途半端に終わり、失敗するであろう。

 
アイフォンやスマートフォン、アイパッドを風呂に持ち込んで湯船で感電自殺で死ぬ方法

 勿論、パソコンのみならず、いかなる電気関係の道具であっても、湯船に持ち込んではならない。そんなもので感電死しようと試みても、不確実性が高すぎて、感電自殺未遂で終わる可能性がとても高い。


家庭用電源の50~60ヘルツの交流が体に良くなくて感電自殺で死ねる方法

 家庭用電源の50~60ヘルツは、身体との相性がすこぶる悪いのだ。故に、いくら低電圧といえども、危険度は意外に高い。

 
感電死する要因・原因と感電死する理由
 
 交流は直流よりも数倍は危険である。
 
 交流の場合、周波数50~60Hzが最も危険、つまり家庭用電源が最も危険である。
 
 電圧は高圧ほど危険である。
 
 電流は強いほど危険で、50mA以上が危険。電気刺激による筋肉の痙攣により随意運動が不可能になる。
 
 屈筋群が伸筋群よりも強い為に電極を握ったまま手を離せなくなる。
 
 通電時間は長い程、危険である。
 
 人体と接触する導体の面積が広い程、強く密着しているほど電気抵抗が小さくなり、危険度が増す。
 
 アースされやすい状態(例・裸足で濡れた床に立っている状態等)になるほど危険が増す。
 
 心臓や脳を電流が通過すると危険。
 
 家庭用電力による感電自殺死亡例では、電極の少なくとも一端を胸部に置いていることが多い。
 
 心疾患は感電自殺し易い重篤な危険因子。

 
感電死の原因
 
 ☆感電自殺した遺体を下ろしている中国人の作業員
感電自殺で感電死した自殺者の遺体を送電線から降ろす人

 
 心室細動→感電死の主な原因。比較的低電圧の電流が起こし易い。
 
 電流が左腕から右足、両腕間などを通過すると最も危険。
 
 呼吸運動障害として、呼吸筋が痙攣する。
 
 呼吸中枢が麻痺し、呼吸がままならなくなる。
 
 感電により、急性腎不全、消化管潰瘍の出血、壊死部の血管からの出血、重症感染症等が生じる。
 
 死体初見→電流斑が発生する。電流斑とは、皮膚が乾いていて、導体との接触面が狭い時に頻繁に見られる現象で、熱傷の一種とも言える。

 電流熱傷も起き、凄まじい痛みが生じる。
 
 電紋、樹枝状、稲妻状の赤色調の皮膚線状斑が発生する。
 
 心室細動による死亡例では著しい変化を認めないことが多い。
 
 呼吸筋麻痺が死の主因となった場合は、顔面の鬱血、肺の鬱血、水膨れ、窒息死が発生する。
 
 高圧の電流が作用した時には、痙攣による筋断裂や脱臼・骨折を伴うこともあり。
 
 電気ウナギで感電死する方法もあるが、アマゾンにでも行かない限りは無理であろう。
 
 高圧電線に触れて感電自殺する方法も存在する。
 
 感電で黒く炭化した箇所は、深部まで細胞が死んでいて細胞感染が起きる。
 
 感電自殺未遂で終わった後に医者にかかる方法を考えているのならば、感電自殺自体、中止せよ。
 
 感電自殺未遂者の治療法と治療費については、とても高額な費用となる。酷い損傷の場合には、皮膚移植代金も必要となる。
 
 ドライヤーで感電自殺する方法もあるが、結局、1200V程度なので、あまり期待はしない方がよい。
 
 猪や猿などの野生動物避け対策用の電気柵で感電死して自殺する方法もあるが、農家に迷惑がかかる。
 
 JRや私鉄の電車によじ登ってパンタグラフと送電線を利用して感電自殺する方法もあるが、鉄道会社の運行時刻が狂うことになる。


感電自殺希望者の心の叫び

 ☆感電自殺に最適な死に場所の浴槽
感電死することもある浴槽に張られた水


感電自殺で一番楽に死にたい
 
感電死で楽に死にたい
 
感電自殺で簡単に死にたい
 
感電自殺で今すぐに死にたい
 
感電死で寝ながら死にたい
 
感電自殺して早く死にたい
 
感電死で苦しまずに死にたい
 
感電死で痛みを感じずに死にたい
 
感電自殺で確実に死にたい
 
感電自殺で即死で死にたい
 
感電死で迷惑かけずに死にたい
 
感電自殺して安楽死で死にたい
 
感電死の痛みの少ない方法で死にたい
 
感電自殺で少ない苦痛で死にたい
 
感電自殺して苦痛なく死にたい
 
感電自殺して一瞬で死にたい
 
誰にでも出来る感電自殺方法なんてあるのか?
 
一番苦しまない感電自殺方法なんてあるのか?
 
感電死して苦しまずに死にたい
 
感電自殺で痛みを感じずに死にたい
 
感電死で最も楽に死にたい
 
感電自殺して綺麗に死にたい
 
感電死で安らかに死にたい
 
感電自殺して安らかに逝きたい
 
感電死で少ない苦しみで死にたい

 ・・・結論、( ^ω^)・・・無理ぽ!


他の自殺方法との比較
 
 ☆心室細動の仕組みの説明
心室細動が起きた時の心臓の様子


首吊り自殺と感電自殺の比較

 首吊り自殺は短時間で死ねるし、致死率も極めて高い。しかし感電自殺は準備が面倒だ。故に、なぜ首り自殺が日本人の自殺方法の大半を占めるのかがお分かり頂けるであろう。
 
 
練炭自殺と感電自殺の比較

 練炭自殺は感電自殺と同様に、準備する道具類が必要だ。練炭と火鉢と火種だ。しかし、感電自殺よりも遥かに人気がある。それはなぜか?やはり、電気は目には見えないが、練炭なら目に見えるという点に尽きるであろう。勿論、練炭を燃焼させることにより発生する一酸化炭素ガスによる中毒死が目的なので、その気体も目に見えない。しかし、電流の場合、どうしても、ビリビリして怖いモノ、という先入観が既に出来上がってしまっているので、忌避の対象となっているのだ。

 誰しも、電気ナマズを素手で掴もうとはしないであろう。

 
飛び降り自殺と感電自殺の比較

 飛び降り自殺は、下を歩行中の人に当たって死ぬ可能性がある。巻き添え死させる危険性があるのだ。その点、感電自殺は、巻き添え死させる危険性はないと思う。まあ、単に、総自殺者数が、感電自殺と飛び降り自殺とでは桁違いだからなのかもしれないが。

 
飛び込み自殺と感電自殺の比較

 飛び込み自殺は、つまりトラックや貨物列車や電車に飛び込んで自殺するということ。それは、とてつもなく他人や鉄道会社に大迷惑をかける死に方だ。そのバラバラになった死体を見た者は、精神病になってしまうかもしれない程のショックを受けるであろう。

 感電自殺で死ぬ場合は、他人に迷惑をかけることはない。しかし、致死度という観点からすれば、飛び込み自殺よりも感電自殺の方が生温いのは確かだ。

 
入水自殺と感電自殺の比較

 入水自殺の死体は、水中に長時間留まるが故に、どうしてもブヨブヨになり、腐敗してしまう。所謂、どざえもんとなってしまう。つまり、ドラえもんのような体型になってしまうということだ。

 しかし、感電自殺の死体の場合は、そんなに汚い見た目の死体にはならないで済む。しかし、勿論、発見が遅れれば、特に夏場であれば、直ぐに感電自殺者の死体は腐敗して、腐臭が出てしまうであろう。

 
服毒自殺と感電自殺の比較

 服毒自殺ということは、つまり、青酸カリとかを服用するということだ。しかし、医療関係者でない限りは、そのような致死性の高い毒物を入手することは不可能だ。故に、トラフグの肝の毒とか、毒キノコとか、ヒョウモンダコとかの毒で死ぬしかない。

 しかし、それはとても恐ろしいことだ。一旦、それらの毒を体内に入れれば、即死は不可能で、長時間苦しみ続けることとなる。それは、人の自然な心理として、是非とも避けたいことだ。人はなるべく安楽に暮らしたいと思うものだし、死に際に際しても、なるべく安楽に死にたいと思うものだから。

 しかし、その点、感電自殺は、高圧電線に触れるという感電自殺方法ならばの話ではあるが、一瞬で死ぬことが出来るので、なるべく苦痛を感じずに死ねるという対決で言えば、感電自殺の方が上である。

 
服薬自殺と感電自殺の比較

 服薬自殺方法は、薬局で販売しているような薬に関しては、最早、現代の薬は致死性は極端に少ない。大量に飲めば、死ねるかもしれない。しかし、その前に、あんなマズい、食べ物でもない錠剤や粉薬を大量に胃の中に入れることなど不可能だ。

 なので、服薬自殺に挑戦しても、中途半端に生き残り、手足や内臓に障害が残存したまま、一生を過ごさねばならなくなるであろう。

 その点、感電自殺は、あまり障害が残るという話は聞かない。しかし、それは単に、それぞれの自殺方法の挑戦者の人数の違いなのかもしれない。なにしろ、年間の服薬自殺者は数%はいるが、感電自殺者は0.1%もいないというのだから。

 
睡眠薬自殺と感電自殺の比較

 現代の睡眠薬は、致死性は極端に低い。なので、数百錠を一気に飲んでも、中々死に切れないらしい。むしろ、吐き出してしまうでしょう。もしも睡眠薬自殺を実行して助かってしまったならば、それは、身体の各所が痺れる等の酷い後遺障害が残ることになります。つまり、重度の身体障害者となってしまうでしょう。

 感電自殺は、高圧電力で死ねる利点があります。しかし、それは自力では用意できないので、自ずと、発電所とか、高圧送電線の鉄塔に上って感電死する、ということになります。しかし、それは確かに、ハードルの高いことです。それらの高圧電流に触れる前に、住民に通報されて、警察に確保されてしまう危険性が高いからです。

 
排ガス自殺と感電自殺の比較

 排ガス自殺とは、車の排気ガスを車内に引き込んで、有毒ガスで死亡することを狙った死に方である。しかし、それは現代の触媒の進化した車では、中々難しい。要するに、現代の車の排気ガスはクリーン過ぎて、死ねないのだ。

 その点、感電自殺の電力というのは、30年前であろうが、現代であろうが、同じ電力なので、人体への有害性は変化なしだ。なので、感電自殺のやり方さえ間違わなければ、確実に死ねるのだ。故に、これは感電自殺の方の勝ちということだ。

 
その他のガス自殺と感電自殺の比較

 その他のガス自殺の手段としましては、最近では、ヘリウムガス自殺が挙げられる。これは、風船用のヘリウムガス缶を用いて、死ぬ方法であります。これは、他人に害を及ぼさずに、要するに窒息死できるということで、近年では、ネットの情報の拡散と共に、ジワジワと実施する自殺者の人数を増しているというのが現状です。

 しかし、どうしても窒息死を用いた自殺方法というのは、脳へダメージを与える手段なので、もしも途中で失敗して助かった場合に、その後の人生を、知的障害を抱えながら生きていくということになりかねません。これは首吊り自殺でも同様で、やはり脳細胞は二度と復活しないので、脳を破壊するという行為は、極力避けねばならない自殺手段なのです。

 その点、感電自殺という方法は、脳へはそんなにダメージはないだろうと推測されます。感電自殺でターゲットとなる内臓は、心臓だからです。心臓の鼓動のリズムを狂わせて死に至らしめることが感電自殺の最終目標だからです。

 しかし、感電自殺に関しても、後遺障害は残ることはあります。故に、ヘリウムガス自殺だろうが、感電自殺だろうが、どちらもお勧めは出来ない自殺方法なのです。

 
焼身自殺と感電自殺の比較

 焼身自殺は、勿論、最悪な自殺方法である。他人への迷惑という観点から見ても、周囲に延焼させて巻き添えで死なせたり、他人の家を燃やしてしまったりすることもある。また、本人にしても、焼死というのは、地獄の苦しみを味わう死に方なのだ。

 その点、感電自殺は、いくら電流を自分の身体に流したとて、火事になることはあるまい。勿論、他人が入って来る時に巻き添えで感電させないように、張り紙を貼っておくに越したことはないが。

 故に、焼身自殺よりも、感電自殺の方が、他人への迷惑度合いに関しても、本人の苦痛という観点からしても、有利な自殺方法であることは間違いない。

 
刃物自殺と感電自殺の比較

 刃物自殺は、ハッキリ言って、痛い。とても痛くて辛い。当たり前だ。人は、ちょっと指先をカッターで切っただけでも、物凄い痛いのに、ナイフとか包丁で思いっきり腹とか首を刺せば、物凄く痛いに決まっている。だから、刃物自殺などは考えられない。余程の精神力の持ち主しか成し遂げられない。しかし、自殺で死のうとしている人というのは、この世を生き抜く精神力がないということなのだから、刃物自殺をする勇気も、必然的にないと推測される。

 その点、感電自殺は、刃物で刺される痛みとはまた別の痛み、ビリビリとした感電時の痛みに死ぬまで耐えねばならないのだが、それでも、刃物自殺よりかは楽だと思われる。

 但し、刃物自殺の場合には、身近に道具があるので、実行し易いのだ。包丁、果物ナイフ、カッターナイフ、髭剃りの刃とか、女性用の剃刀等、台所や洗面台周辺に、死ねる道具が多数あるのだ。これらの道具が一つも存在しない家というのは、多分、存在しないであろうから。

 その点、感電自殺の方法というのは、実行するまでのハードルが高いのだ。

 
その他の自殺手段と感電自殺の比較

 その他の自殺手段としましては、ブラックホールに吸収されるという自殺方法もあります。しかし、その為には、高度な宇宙船がなければ、ブラックホールまで到達不可能なので、事実上、不可能であります。故に、感電自殺のやり方の不戦勝とします。


感電自殺関連の写真・画像集

 感電死に関連する画像・写真を掲載しておきます。これらをよく見て、絶対に感電自殺などしないように!


 ☆家庭用のコンセント
家庭用のコンセント

 ☆家庭用のブレーカー
家庭用電源の源のブレーカー

 ☆自動車用バッテリー
感電死が起こり得る車のバッテリー

 ☆新幹線の屋根によじ登り、パンタグラフに触れて感電死した感電自殺事件
新幹線ノパンタグラフに触って感電自殺したニュース

 ☆直流と交流の電圧・電流の違いの図
直流と交流の電圧の図

 ☆アメリカで行われていた、昔の電気椅子による処刑の風景の絵
電気椅子による感電死の処刑の様子

 ☆日本国内で電気柵に感電して死んだ事件のニュース画面
電気柵で7人が死傷した事件のニュース

 ☆感電死事故を報じたニュース
電気柵で感電死した時のニュース画面

 ☆電柱の変圧の機械をメンテナンスする作業員
電柱の電気工事の風景

 ☆感電死した外国人の女性の感電死体
雷に打たれて死亡した女性の死体 感電死死体画像

 ☆電柱によじ登って電線に触れて感電死しようとしている自殺志願者
感電自殺しようとしている自殺志願者

 ☆送電線にわざわざ上って感電死を目指す人
感電自殺する為に送電線に上った自殺志願者

 ☆送電線に上って感電死した人を撮影した写真

感電自殺で死んだ自殺志願者の感電自殺死体

 ☆感電自殺を試みている若い女性
感電自殺を試みて送電線に上る女

 ☆感電自殺が完成した瞬間。火達磨になった。
感電自殺者が感電死した瞬間

 ☆電柱に上って感電死した感電自殺者の死体
高圧送電線に触れて一瞬で黒焦げになった感電自殺者の遺体

 ☆巨大な送電線の鉄塔から降ろされる黒焦げの感電自殺死体
高圧電線に触れて黒焦げになって死んだ感電自殺死体

 ☆鉄塔に上って感電死した自殺者の死体。わざわざこの高さまで登る勇気と元気と気力があれば、生きればいいのに。
高圧電流で感電自殺しようとしている自殺志願者

 ☆送電線に上って黒焦げになって感電死した自殺者の死体
電柱に上り高圧電線に触れようとする感電自殺希望者

 ☆電柱に上って感電死した人の感電自殺死体
電柱の上で感電死した感電自殺者

☆感電自殺なんて、絶対にするなよ☆

 感電自殺希望者は、死ぬ前に、霊的知識を知って☆